MOTIONLESS IN WHITE『Graveyard Shift』Review

[Category:Artist/DIsc Review・Artist: MOTIONLESS IN WHITE ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
アメリカのスクラントン出身のゴシック・メタルコア・バンド、MOTIONLESS IN WHITEが4thアルバム『Graveyard Shift』をリリース。
近年、どんどん知名度、注目度を高めている若手メタルバンドで今回発売したアルバムはKORNのヴォーカリストであるJonathan Davisが1曲ゲスト参加したことでも話題に。又、Roadrunner Recordsへ移籍後最初のアルバムともなった。そんなMIWの『Graveyard Shift』をレビュー。

Graveyard Shift グレイブヤード・シフト 
MOTIONLESS IN WHITE モーションレス・イン・ホワイト 
2017年5月5日発売

- TRACK LIST -
1. Rats
2. Queen For Queen
3. Necessary Evil (Feat. Jonathan Davis)
4. Soft
5. Untouchable
6. Not My Type: Dead As F*ck 2
7. The Ladder
8. Voices
9. Loud (F*ck It)
10. 570
11. Hourglass
12. Eternally Yours

~PERSONNEL~
Chris "Motionless" Cerulli – vocals, Production
Ricky "Horror" Olson – rhythm guitar
Ryan Sitkowski – lead guitar
Devin "Ghost" Sola – bass
Josh Balz – keyboards, synthesizers

~CHARTS~
Australian Albums (ARIA) - 35
Belgian Albums (Ultratop Flanders) - 126
Canadian Albums (Billboard) - 83
German Albums (Offizielle Top 100) - 88
New Zealand Heatseekers Albums (RMNZ) - 6
Scottish Albums (OCC) - 47
Swiss Albums (Schweizer Hitparade) - 99
UK Albums (OCC) - 72
US Billboard 200 - 27
US Top Hard Rock Albums (Billboard) - 1
US Top Rock Albums (Billboard) - 5



~REVIEW~
21世紀からよく出てきているアメリカンなメタルコアだが、ありきたりになっていないのが彼ら。MARILYN MANSONから譲り受けたような歌声(見た目もだが)をよりヘヴィに、それでいてモダンに決める。王道なドラマチックなメロディの他、リードトラックLoud (F*ck It)のようにポップさも充実。インダストリアルでニューメタル的でもある。KORNのジョナサンが参加してることもあってか、より1990年代のヘヴィミュージックへのリスペクトが感じられる。確かな個性を兼ね備え、他の多くのメタルコアバンドらに埋もれない。2017年ベストアルバム候補に上げられるクオリティー。


~VIDEOS~









Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play