ALL THAT REMAINS『Madness』Review

[Category:Artist/DIsc Review・Artist: ALL THAT REMAINS ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
2000年代より大きな人気を博している米メタルコア・バンド、ALL THAT REMAINS。この度、通算8作目のスタジオ・アルバム『Madness』をリリース。本作をレビュー。

Madness マッドネス 
ALL THAT REMAINS オール・ザット・リメインズ 
2017年4月28日発売

- TRACK LIST -
01. Safe House
02. Madness
03. Nothing I Can Do
04. If I'm Honest
05. Halo
06. Louder
07. River City
08. Open Grave
09. Far From Home
10. Trust And Believe
11. Back To You
12. Never Sorry
13. The Thunder Rolls (Garth Brooks cover)

~PERSONNEL~
*All That Remains
Philip Labonte – lead vocals
Oli Herbert – lead guitar
Mike Martin – rhythm guitar
Aaron Patrick – bass guitar
Jason Costa – drums

*Production
Howard Benson – production, mixing
Mike Plotnikoff – co-producer
Bob Ludwig – mastering
Lenny Skolnik, Seann Bowe, Howard Benson – keyboards and programming
Igor Khoroshev – string arrangement on "Back to You"
Diamante Azzura, Meron Ryan, Sidnie Tipton, Lenny Skolnik, Seann Bowe – Freedom Chorus
Diamante Azzura – backing vocals

~CHARTS~
Canadian Albums (Billboard) - 77
US Billboard 200 - 50
US Top Rock Albums (Billboard) - 9



~REVIEW~
まずUSメタルコアとして一躍有名になり、徐々にメタルコアの枠に留まらない進化を遂げてきたATR。今作はまたその調子でメタルコアでありつつアリーナロックなアルバムに仕上げてきた。ヘヴィでエクストリームな初期から相変わらずのナンバーもあれば、ポップさドラマチックなメロディを聴かせたり。普遍的でモダンなラウドロックといった印象も強い。彼らも激しいメタルコアから歌モノに変化していくよくあるバンドの一つだが、何にせよフィル・ラボンテの歌声が聴き心地良く、質の高いメロディとなってて何よりだ。SAWの主題歌を歌って人気を博したのも気がつけば遠い昔。今やすっかり円熟したことが伺える一品。


~VIDEOS~









Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play