Rest In Peace,hide

[Category:Feature / PickUp・Artist: hide ・Writer:もりき(ライター)]



iTunes Music Store
僕らの心に生き続けている、赤い髪のエイリアン!

本日5月2日はX JAPANのhideの命日になる。98年から19年を迎えるが、まだまだ人気は衰えない。今日はただhideを偲ぶのではなく、いつまでも受け継がれて行き、そして愛される事を願う日なのだ、とこの日を迎える度に強く思う。

自分より若いファンが増え続けていることが何より驚くことだ。僕がhideを聴き始めたのは15歳。亡くなってから7年後ではあるが、二十歳を過ぎた今でもhideを聴き、原点を見つめている。洋楽メタルに今ではどっぷり浸かっている時も、やはりXやhideの音を聴くと初心に帰ることが出来る気持ちになるのだ。

復活したXのステージでも、hideのスピリットはしっかりとSUGIZOに受け継がれている。沢山のファンも彼のスピリットを伝えて残し、未来に繋ごうと願っているであろう。5月2日を毎年迎える度に思うこと、それは前述した事になるがいつまでもhideの音楽が未来に受け継がれて行くように願うことなんだと実感した。


タイトル




Dear hideさん

沢山の貴方のファンの皆さんが、今日この日を迎える度に様々な思いを抱くと思います。でもhideさんのファンになった年数は関係ないって思える、ファンであることを誇りに思える!それはいつも感じています。

僕は貴方が空に旅立ってからのファンですが、ギターを弾く楽しさ、ロックのカッコよさなどを沢山の大切な事を背中で教えてくれたと断言します。少年時代、hideさんはギターと出会って暗かった自分を変えることが出来たと言っていました。僕も同じくそうでした。スポーツがあまり得意ではなく、部活をやってもなかなかうまくいかなくて、暗かった自分を変えるために、僕もギターを始めたんです。ギターやロックを通じて、弱い自分とさよならが出来ました。hideさんも同じ思いをされたに違いないし、自分が輝ける場所や誇りに思える物を見つけられたんだと思います。

hideさんが残してくれた音楽が未来に受け継がれて行くよう、これからもhideさんの曲を聴いていくし、ロックが大好きな心を忘れないでいたいと思います。ありがとう!

Forever hide













Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play