CHILDREN OF BODOM『Something Wild』Review

[Category:Artist/DIsc Review・Artist: CHILDREN OF BODOM ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
フィンランドを代表するメタルバンド、CHILDREN OF BODOM。これを書いてる20年前の年、彼らはデビューアルバム「Something Wild」を本国で発売。そして2017年3月から、FOREVER STILLとONIが帯同するSomething Wild発売20周年記念欧州ツアーを行う。と、ここでそのSomething Wildに注目してみる。

Something Wild サムシング・ワイルド 
CHILDREN OF BODOM チルドレン・オブ・ボドム 
1997年11月16日発売

- TRACK LIST -
1. Deadnight Warrior
2. In the Shadows
3. Red Light in My Eyes Pt. 1
4. Red Light in My Eyes Pt. 2
5. Lake Bodom
6. The Nail
7. Touch Like Angel of Death

~PERSONNEL~
*Children of Bodom
Alexi Laiho – vocals, lead guitar, songwriting, keyboards (on Miami Vice Theme)
Alexander Kuoppala – rhythm guitar, keyboards (on Miami Vice Theme)
Janne Wirman – keyboards (on everything except Miami Vice Theme)
Henkka Seppälä – bass
Jaska Raatikainen – drums

*Production
Produced by Anssi Kippo, Alexi Laiho, Jaska Raatikainen, and Children of Bodom
Recorded and mixed by Anssi Kippo
Assistant engineer – Jokke Ryhanen
Assistant mixing engineer – Pasi Karppa
Cover photo by Graham French
Band photography by Toni Harkonen
Cover artwork by Flea Black



~REVIEW~
テクニカルなギターとキーボードが前面に出ているエクストリーム・メタル。先代のデスメタル系統のバンドよりもキャッチ―なメロディーを多く含む。それがCOBのスタイル。COBはアルバム毎に微妙に音楽性が変化していくがこの1stアルバムではメロディー、特にキーボードの使い方がクラシカルだ。終始、厳かで激しくあるがキレイな様式美キーボードがごく自然に備わってこのバンドの個性がよく出ている。発売当時、メンバーはまだ十代。年齢の割には完成度が高い。一方で後に出る作品のことを考えるとまだ独自のスタイルを模索中にも思える。7曲で30分程度と大変短いということもあるだろう。とはいえこの時点で既に彼らがただならぬ存在であることは明らか。Deadnight WarriorやLake Bodomなんかはキャリア総じてのキラーチューンだ。エクストリーム・メタル新時代の幕開けを予感させる一枚。


~VIDEO~



『Something Wild』LIVEで演奏された回数が多い曲ランキング(2017年3月時点)
1. Lake Bodom
2. Deadnight Warrior
3. Touch Like Angel of Death
4. Red Light in My Eyes, Part 1
5. The Nail
6. Red Light in My Eyes, Part 2


ハードロック/ヘヴィメタル系の音楽の情報サイト「METAL JAPAN」にて連載しているWEB漫画「メタル生徒会長」の単行本化プロジェクト!







Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play