DREAM THEATER『Images and Words』Review

[Category:Artist/DIsc Review・Artist: DREAM THEATER ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
プログレッシブ・バンドの代表格、DREAM THEATER。そしてDREAM THEATERによるプログレッシブ・ミュージックの名盤、2ndアルバム「Images and Words」が2017年1月30日より発売25周年を記念しての欧州ツアーが行われる。本作を全曲演奏する内容になるとのこと。因みに15周年となる2007年にも本作完全再現ライブを行った。

というわけで2017年最初のMETAL JAPANレビュー記事に本作を取り上げる。

Images and Words イメージズ・アンド・ワーズ 
DREAM THEATER ドリーム・シアター 
1992年7月7日発売

- TRACK LIST -
1. Pull Me Under
2. Another Day
3. Take the Time
4. Surrounded
5. Metropolis—Part I: "The Miracle and the Sleeper"
6. Under a Glass Moon
7. Wait for Sleep
8. Learning to Live

~PERSONNEL~
*Dream Theater
James LaBrie – lead vocals
John Petrucci – guitar, background vocals
Kevin Moore – keyboard
John Myung – bass
Mike Portnoy – drums, percussion, background vocals on "Pull Me Under"

*Additional musicians
Jay Beckenstein – soprano saxophone on "Another Day"

*Production
David Prater – producer, mixing,
Doug Oberkircher – engineer, mixing
Steve Regina – assistant engineer
Ted Jensen – mastering at Sterling Sound, New York
Larry Freemantle - art direction

~CHARTS~
1992 Billboard Top Heatseekers (USA) - 2
1992 German Albums Chart - 94
1993 Billboard 200 - 61

~CERTIFICATIONS~
USA RIAA 1995 Gold (+ 500,000)


~REVIEW~
前作のデビューアルバムからこのバンドの進む道はちゃんと定まってはいた。テクニカル、プログレッシブ、メロディアス、本作以前からしっかりと持っていたが、全ての面において前作とは比べ物にならないほどに飛躍的に進歩した。技術の面にしろメロディーの面にしろ人々の心をつかむにはどうすればいいかを完璧に理解したかのように極上のものを聴かせてくれる。ヘヴィなサウンドと美しいサウンドを複雑に巧みにつなげていき、壮大で神秘的な世界観を描く見事な芸術作品となった。バンドを象徴する長尺ナンバーは勿論、尺の短いナンバーも容赦ない完成度。プログレ好きなら避けて通れぬ一品。この手の音楽に縁のない人もじっくり聴いてみてほしい。すぐにはピンとこなくともじわじわと魅力が伝わるはず。


~VIDEOS~




『Images and Words』LIVEで演奏された回数が多い曲ランキング(2017年1月時点)
1. Pull Me Under
2. Metropolis Pt. 1: The Miracle and the Sleeper
3. Learning to Live
4. Under a Glass Moon
5. Take the Time
6. Surrounded
7. Another Day
8. Wait for Sleep








Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play