STONE SOUR『Come What(ever) May』Review

[Category:Artist/DIsc Review・Artist: STONE SOUR ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
発売から○○周年という節目の作品を振り返る記事。

2016年、SLIPKNOTのメンバーがいることでもお馴染みのSTONE SOUR ストーン・サワーの2ndアルバム『Come What(ever) May』発売20周年を迎えた。このバンド史上最大のヒット作で2016年は10周年記念盤も発売した本作を今一度振り返る。

Come What(ever) May  
STONE SOUR ストーン・サワー 
2006年8月1日発売

- TRACK LIST -
1. 30/30-150
2. Come What(ever) May
3. Hell & Consequences
4. Sillyworld
5. Made of Scars
6. Reborn
7. Your God
8. Through Glass
9. Socio
10. 1st Person
11. Cardiff
12. Zzyzx Rd.

~PERSONNEL~
Corey Taylor − lead vocals, additional guitar on tracks 4, 8, 12, and 17
James Root − guitar, drums on track 15
Josh Rand − guitar
Shawn Economaki − bass guitar
Roy Mayorga − drums on all tracks except 1, and 15

~CHARTS~
Australian Albums Chart - 21
Austria Albums Chart - 13
Belgian Albums Chart (Flanders) - 34
Belgian Albums Chart (Wallonia) - 82
Canadian Albums Chart - 6
Finnish Albums Chart - 21
French Albums Chart - 56
German Albums Chart - 18
Irish Albums Chart - 33
Japanese Albums Chart - 44
Netherlands Albums Chart - 33
New Zealand Albums Chart - 31
Swedish Albums Chart - 30
Swiss Albums Chart - 25
UK Albums Chart - 27
US Billboard 200 - 4
US Digital Albums Chart - 4
US Rock Albums Chart - 1
US Tastemakers Albums Chart - 3

~CERTIFICATIONS~
US - RIAA: Gold
UK - BPI: Gold
Canada - CRIA: Gold


~REVIEW~
アメリカンな王道ヘヴィ作品。重さ激しさ美しきメロディー、バランス良く混同。ご機嫌なノリの曲あり、最高にドラマティックな曲あり。中でもThrough Glassは2000年代最高のバラード曲の一つだ。実際このバンド最大の人気曲となってるし。そしてCorey Taylorの歌がSLIPKNOT以上に聴き心地が良い。スクリーム多めのSLIPKNOTと違いクリーン中心なのでよりヴォーカルの力量がはっきりわかる。聴いてみると改めて「この人はどのジャンルでもやっていける」「世界最高峰のロックシンガーの一人」だと思い知る。他のアルバムもそうだが最高に正統派なメタルアルバムだ。


~VIDEOS~




『Come What(ever) May』LIVEで演奏された回数が多い曲ランキング(2016年12月時点)
1位 30/30-150
2位 Through Glass
3位 Made of Scars
4位 Reborn
5位 Hell & Consequences
6位 Come What(ever) May
7位 Your God
8位 Sillyworld
9位 Cardiff
10位 Zzyzx Rd.
11位 Socio
12位 1st Person








Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play