TRIVIUM『The Crusade』Review

[Category:Artist/DIsc Review・Artist: TRIVIUM ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
発売から○○周年という節目の作品を振り返る記事。

2016年、新世代メタル御三家の一角と称されるTRIVIUM トリヴィアムの3rdアルバム『The Crusade』発売10周年を迎えた。2000年代のメタルアルバムを語る上でも欠かせない一作である本作を今一度振り返る。

The Crusade ザ・クルセイド 
TRIVIUM トリヴィアム 
2006年10月10日発売

- TRACK LIST -
1. Ignition
2. Detonation
3. Entrance of the Conflagration
4. Anthem (We Are the Fire)
5. Unrepentant
6. And Sadness Will Sear
7. Becoming the Dragon
8. To the Rats
9. This World Can't Tear Us Apart
10. Tread the Floods
11. Contempt Breeds Contamination
12. The Rising
13. The Crusade (Instrumental)

~PERSONNEL~
Matt Heafy – lead vocals, rhythm guitar
Corey Beaulieu – lead guitar, backing vocals
Paolo Gregoletto – bass, backing vocals
Travis Smith – drums

~CHARTS~
Australian Albums (ARIA) - 14
Austrian Albums (Ö3 Austria) - 54
Canadian Albums Chart - 23
Dutch Albums (MegaCharts) - 64
French Albums (SNEP) - 115
German Albums (Offizielle Top 100) - 23
Irish Albums (IRMA) - 12
Italian Albums (FIMI) - 86
Japanese Oricon Albums Chart - 46
New Zealand Albums (RMNZ) - 31
Norwegian Albums (VG-lista) - 61
Swedish Albums (Sverigetopplistan) - 41
Swiss Albums (Schweizer Hitparade) - 92
UK Albums (OCC) - 7
US Billboard 200 - 25


~REVIEW~
よく比較されてきた同じ新世代メタル御三家のAVENGED SEVENFOLDとBULLET FOR MY VALENTINEもそうだが、2000年代型でありつつ1980年代型メタルでもあったりする。クリアに響くサウンドなんかは2000年代、21世紀を感じさせるが、その音楽作りは80年代のMETALLICAやSLAYERといったバンドへの影響感がよく出ていたりする。エクストリームでスラッシーでありながらより正統派な作風に。スクリームよりもメロディックに歌うことを優先。それでも荒々しさは損なわれてはない。メタル新時代の幕開けを感じさせるがオールドスクール。それでAnthem (We Are the Fire)といったバンド屈指のキラーチューンも生み出せた、良きアルバムである。


~VIDEOS~





『The Crusade』LIVEで演奏された回数が多い曲ランキング(2016年12月時点)
1位 Anthem (We Are the Fire)
2位 Becoming the Dragon
3位 Detonation
4位 To the Rats
5位 Entrance of the Conflagration
6位 Ignition
7位 Tread the Floods
8位 Unrepentant
9位 Broken One
10位 And Sadness Will Sear








Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play