THREE DAYS GRACE『One-X』Review

[Category:Artist/DIsc Review・Artist: THREE DAYS GRACE ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]



iTunes Music Store
発売から○○周年という節目の作品を振り返る記事。

2016年、カナダが誇るTHREE DAYS GRACE スリー・デイズ・グレイスの2ndアルバム『One-X』発売10周年を迎えた。バンド史上最大のヒット作で2000年代のロック・シーンを賑わせた本作を今一度振り返る。

One-X ワン・エックス 
THREE DAYS GRACE スリー・デイズ・グレイス 
2006年6月13日発売

- TRACK LIST -
1. It's All Over
2. Pain
3. Animal I Have Become
4. Never Too Late
5. On My Own
6. Riot
7. Get Out Alive
8. Let it Die
9. Over and Over
10. Time of Dying
11. Gone Forever
12. One-X

~PERSONNEL~
Adam Gontier – lead vocals, rhythm guitar
Barry Stock – lead guitar
Brad Walst – bass guitar
Neil Sanderson – drums, keyboards, backing vocals

~CHARTS~
U.S. Billboard 200 - 5
U.S. Billboard Top Rock Albums - 2
U.S. Billboard Top Alternative Albums - 15
U.S. Billboard Top Hard Rock Albums - 5
U.S. Billboard Top Digital Albums - 5
U.S. Billboard Top Catalog Albums - 15
Canadian Albums Chart - 2

~CERTIFICATIONS~
United States (RIAA) 3× Platinum 3,000,000^


~REVIEW~
2000年代を象徴するオルタナティブ・ロック。ヘヴィ、ラウドなサウンドにドラマチックなメロディー。ダークで哀愁漂う、けど前向きな気持ちにさせてくれる、キャッチーな曲満載だ。Adam Gontier(2013年に脱退)の力強く野太くありつつスイートさもある歌声もまたクセになる。北米で大ヒットしたのもうなずける内容だ。勿論、その他の国々、日本でも評価されてほしいが。これだけキャッチーであるならあらゆるところで人気得ないと。前作共々、洋楽ロックの入門用にもオススメです。


~VIDEOS~




『One-X』LIVEで演奏された回数が多い曲ランキング(2016年12月時点)
1位 Animal I Have Become
2位 Pain
3位 Riot
4位 Never Too Late
5位 Get Out Alive
6位 Gone Forever
7位 Time of Dying
8位 Let It Die
9位 On My Own
10位 It's All Over





Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play