KNOTFEST JAPAN 2016 Report (Day-2前編)

[Category:Live/Event Report・Artist: KNOTFEST / ANTHRAX / THE冠 / HER NAME IN BLOOD / BUTCHER BABIES ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]




iTunes Music Store
2016年11月5日(土)・6日(日) 千葉・幕張メッセ9-11ホールにて行われたKNOTFEST JAPAN 2016(ノットフェス・ジャパン)の模様をお届け!
続いてはDay-2(11/5日)前編
Day-1前編
Day-1後編

Official Photo Gallery

1


まずはOpening Actの4組のライブから。エモ・スクリーモ・エレクトロ・EDMサウンドとノルウェー人女性ボーカルという特徴を持つSALTY DOGからスタート。2組目に福岡出身5人組ラウドロックバンド彼女 in the displayが続いた。
3組目のラウド&ポップ&ファンタジーな世界観を描くバンド魔法少女になり隊はOAらしからぬ巨大スクリーンを用いてのライブとなった。
OAの最後はTHE 冠。3年前、同会場、同プロモーターのフェス、OZZFEST JAPAN 2013ではデスボイス&コスプレコンテストというミニイベントで出演していたが、今回晴れてメインステージで登場。サウンドチェックではSLAYERのRaining Bloodを演奏し、フロアを沸かせたりも。そしてライブは持ち前の関西人ノリで大観衆が大いに盛り上がったりと、OAとは思えないほどの歓迎ぶりであった。



CRAZY N' SANE
Day-2本編トップバッターはウサギの覆面をした7人組の謎めいたバンド、CRAZY N' SANE。2014年のKNOTFESTであるバンドを観たことが結成のきっかけであるとのこと。で、結局のところ正体は誰なのかは未だ謎のままである。ライブ自体はラウドなミクスチャー系統でこのフェスにもぴったり当てはまるような感じでにぎわった。



MUCC
ヴィジュアル系バンド、MUCCがDay-2本編二番手に登場。ラウドに会場を彩った他、かつてここ幕張メッセでGUNS N’ ROSESの来日公演の前座を務めてどきつい洗礼を受けたことを今となっては良い思い出話として語り、それがまた話題になったりした。「ヴィジュアル系はあまり好きじゃない人どれだけいる?」と自分たちのことを良く思ってない人に向けた語りかけを次々とやったりするが、全体的に見ても良い具合に盛り上がっていたのでそんなネガティブにならずもっと胸を張ってよろしいかと?なんて思ったりした。まあそのネガティブさが一種の持ち味であるバンドなのだが。GNRは2017年に来日公演を控えているが今の状態でまた前座をやったりしたらどうなるのか、そんなことも思ったりした。
Set List
01. 睡蓮
02. ENDER ENDER
03. KILLER
04. 蘭鋳
05. TONIGHT




BUTCHER BABIES
Day-2外タレトップバッター。色っぽい姉ちゃん2人が真っ先に目につくアメリカのメタルバンド、BUTCHER BABIES。これが記念すべき初来日公演。ここのところ日本のメタルヘッズの間でも話題になってきていることもあって、大勢の観衆が詰めかけてきた。そしてライブはアグレッシブな楽曲群に伴って大賑わい。常に激しいモッシュが起こり続けていた。バンド側からすれば初めての日本公演にしてこんな大勢の人々が盛り上がっていてとても嬉しかったことであろう。最後にはヴォーカルの2人、HeidiとCarlaがセクハラの危険性があることもお構いなしにアリーナへ突っ込んでいった。彼女たちのライブを観て、まだ日本でライブをやっていない諸外国の勢いあるHR/HMバンドがどんどんこういった日本の舞台に立ってくれたら良いなと思った次第である。



HER NAME IN BLOOD
昨年は米KNOTFESTに出演、今年はメジャー1stアルバム「BAKEMONO」をリリース、着実に名声を上げてきているHNIB。それに伴って迫力も盛り上がりも抜群。強力な外タレの間に挟まれての登場だったが、今の彼らはそういったバンドたちにも負けないパワーを持っている。前年のOZZFEST JAPAN 2015出演時同様、ドスのきいたサウンドでこの幕張メッセを唸らせてみせた。



ANTHRAX
スラッシュメタル界のレジェンド、ANTHRAXが2年連続で来日。諸外国のフェスならまだしも日本のフェスでこんな早い時間帯に彼らのライブを観ることになるとは、少しばかり驚く。しょっぱなから代表曲“Caught In A Mosh”をかまし、会場のヴォルテージを最大限までに上げてきた。常に勢いあるライブであったが、やはりどのバンドにも言えることだが出演時間がいかんせん短すぎる。今回は今年2月に発売した11thアルバム「FOR ALL KINGS」を引っ提げての来日だが、本作からは“Breathing Lightning”の1曲で済ませることになったし、いくら見事に自分たちのものとしているとはいえ6曲中2曲がカバーというのもいかがなものかとも思ってしまう。早い話が物足りない。まあみんな思ってることだろうが。時間が短い点以外は良かった。短時間でヴェテランとしてのオーラや貫禄をばっちり見せつけたことだし、彼らがDay-2前半のハイライトであったことは間違いない。
Set List
01. Caught In A Mosh
02. Got The Time (Joe Jackson cover)
03. Fight 'Em 'Til You Can't
04. Antisocial (Trust cover)
05. Breathing Lightning
06. Indians




Day-2後編に続く。

CHAPTER & VERSE - SLIPKNOT (2DVD・UK)
METAL JAPAN 価格 : ¥1,775 (税込)
結成から20年を経たスリップノットの辿ってきたキャリアとサクセス・ストーリー を、アーカイヴ映像やレアなインタビューを交えながら展開する2枚組DVDドキュ メンタリー作品。
→METAL JAPAN ストアで見る







Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play