KNOTFEST JAPAN 2016 Report (Day-1後編)

[Category:Live/Event Report・Artist: KNOTFEST / SLIPKNOT / DISTURBED / SiM / DEFTONES ・Writer:DENMETA(伝説のメタラー)(漫画家・ライター・編集長)]




iTunes Music Store
2016年11月5日(土)・6日(日) 千葉・幕張メッセ9-11ホールにて行われたKNOTFEST JAPAN 2016(ノットフェス・ジャパン)の模様をお届け!
続いてはDay-1(11/5土)後編
Day-1前編

Official Photo Gallery


RIZE
2000年デビュー、日本のラウドミュージック界を牽引するバンドの一つRIZEがKNOTFEST JAPAN Day-1半ばに登場。今やすっかりキャリアの長いバンドとなっており、貫禄があり、先ほどのHOOBASTANKの熱狂的な流れをしっかり引き継いでフロアを盛り上げてみせた。
Set List
01. HAVOC
02. 日本刀
03. PARTY HOUSE
04. TKC
05. Gun Shot
06. カミナリ




a crowd of rebellion
Opening Actとして出るはずだったのにドタキャンしたA DAY TO REMEMBERの枠で急遽出場という無茶ぶりをさせられた彼ら。勿論彼らもADTR出演キャンセルを残念に思っておりショウが始まるやいなや「俺たちもA DAY TO REMEMBERを観たかったー!」と叫ぶ。彼らにとっては実に怖いステージであっただろうが熱い新潟県民魂を持ってして(ライブ中何度も新潟と言い放っていた)精一杯のパフォーマンスをみせつけた。今回のライブで注目度は随分上がったと思うのでこれを機に更なる進化を遂げることを期待。
Set List
01. Black Philosophy Bomb
02. She'll Never Forgive To Be Insulted.
03. O.B.M.A
04. Satellitear
05. M1917




ROTTENGRAFFTY
日も暮れだした頃、京都出身ROTTENGRAFFTYが登場。先ほど同じステージに登場したRIZEまでの流れをしっかり受け継ぎ、彼らもまたラウドなショウでフロアを熱狂させてみせた。
Set List
01. STAY REAL
02. So...Start
03. 世界の終わり
04. D.A.N.C.E.
05. This World
06. 金色グラフティー




DISTURBED
2011年より活動を休止し、昨年活動を再開して人々を唸らせたDISTURBED。そして待ちに待った久々の日本公演をここで実現。実に13年ぶりの来日となった。日本人にとっては超レアなアーティストで、注目度・期待度は極めて高い。ショウ開始前から凄まじい歓声が鳴り響いていた。そしてステージに現れたときの熱狂ぶりはこの日最大とも言っていいぐらいのものだった。彼らのライブ、サウンドは実に骨太で逞しい。カヴァーバラード“The Sound Of Silence”ではオーケストラ隊も登場。ラストの“Down With the Sickness”では大きなサークルピットも出来上がった。国によってはフェスティバルのヘッドライナーを務めているだけにインパクト大。40分という短い時間で大きなものを残してくれた。このライブに出るまで「DISTURBEDは日本での人気がイマイチ」といった声がよく聞かれたがそれもこの日を境に卒業だ。他の多くの人々も言っているが近いうちに単独、ヘッドライン日本ツアー実現されることを期待する。
Set List
01. Ten Thousand Fists
02. The Vengeful One
03. Stupify
04. The Sound Of Silence (Simon & Garfunkel cover)
05. Inside The Fire
06. Stricken
07. Indestructible
08. Voices
09. Down With The Sickness




SiM
Day-1邦楽バンドのトリ。現代の日本のラウドミュージックシーンで最も勢いのあるバンドの一つ、SiMだ。過去には2014年のKNOTFEST JAPANにも出演、昨年は同会場で開催のOZZFEST JAPAN 2015に出演してCorey Taylorと共演、9月にはOZZFEST meets KNOTFESTに出演、というわけで今やすっかりSLIPKNOTのファンにも馴染みある存在に。今回も勢い抜群の演奏をかました。そして自分たちがこの後に出演を控えるDEFTONESの熱烈なファンであることを猛アピール。共演の外タレを引き立てることも前回のKNOTFEST JAPAN出演時と同様であった。
Set List
01. THE KiNG
02. MAKE ME DEAD!
03. Fallen Idols
04. Faster Than The Clock
05. The Problem
06. Rum
07. KiLLiNG ME
08. f.a.i.t.h




DEFTONES
Day-1準トリ。前回来日時も同じ会場、同じプロモーターのフェス、トリがSLIPKNOTだった。そのOZZFEST JAPAN 2013では彼らにしてはかなり早い出番であったが、ここではトリ前の出演。これがこのバンドの正しいポジションである。今回、4月に発売した8thアルバム「GORE」を引っ提げての来日。彼ら用の照明セットも設置してトリ前らしいビジュアルとなっているが、何より印象深かったのはそのサウンド。このKNOTFEST JAPAN 2016出演アーティストの中で彼らが最も破壊力のある音圧を響かせてくれた。まあどのアーティストも凄い音圧だったのだがDEFTONESは別格というか・・・この音圧で岩やコンクリートをも砕けるんじゃないかと思えるぐらいだった。そして彼ら独特の世界観のライブはやはり圧巻の一言。終盤に出るにふさわしい迫力のライブとなった。
Set List
01. Diamond Eyes
02. Digital Bath
03. Kimdracula
04. Gore
05. Rocket Skate
06. Tempest
07. Swerve City
08. Be quiet and drive
09. My own summer
10. Change
11. Engine No. 9



1


SLIPKNOT
ヘッドライナー登場のお時間。言わずとしれた怪物バンドSLIPKNOTだ。前回の来日公演は新作ツアーでその前は久々の来日という新鮮味があったが今回はそういったのは何もなし。そのような状況でどんなライブを見せてくれるのだろうか。場内が暗転してあらかじめ降ろされていたカーテンが開くと前回の来日公演とはまた違ったセットが登場。下半分は前回のセットのままだがその上にスクリーンを設置するという形をとった。パイロも不使用。それから今回、開催前日にアナウンスがあった通り身内の不幸によってClownが不在。しかしClownの機材はそのまま置かれ、更にClownのマスクが吊るされていた。MCのときにはChrisがそれを掲げ、いつでもSLIPKNOTはClownと共にあることを示した。
いつもの様にダークでエクストリームな名曲を次々と連発し、広いフロア全体を熱狂の渦に巻き込んだ彼ら。又、タイムテーブルには21:40までのライブと表示されていたが時間を延長。22時まで実施。先月、LOUD PARK 16のヘッドライナーを務めたSCORPIONSを思い出した。“(sic)”の後にアンコールだったが見た目からしてこれで終わりって感じでもあったのでここで退出する客も結構いたり。それからまた出てきて“Surfacing”をやり出して「騙された!」と思えた人も結構いたかと。そして大合唱を引き起こす“Duality”をやり、オーディエンスを一斉に座らせてジャンプさせることでお馴染みの“Spit It Out”を最後の最後に持ってきた。OZZFEST JAPAN 2013、KNOTFEST JAPAN 2014同様、今回もまた幕張メッセ全体を大きく盛り上げてみせたのだった。
Set List
01.The Negative One
02.Disasterpiece
03.Eyeless
04.Before I Forget
05.The Shape
06.Killpop
07.Dead Memories
08.The Heretic Anthem
09.Psychosocial
10.Left Behind
11.Custer
12.The Devil in I
13.Skin Ticket
14.Wait and Bleed
15.(sic)
-encore-
16.Surfacing
17.Duality
18.Spit It Out

2


Day-2編へ続く。

CHAPTER & VERSE - SLIPKNOT (2DVD・UK)
METAL JAPAN 価格 : ¥1,775 (税込)
結成から20年を経たスリップノットの辿ってきたキャリアとサクセス・ストーリー を、アーカイヴ映像やレアなインタビューを交えながら展開する2枚組DVDドキュ メンタリー作品。
→METAL JAPAN ストアで見る




ハードロック/ヘヴィメタル系の音楽の情報サイト「METAL JAPAN」にて連載しているWEB漫画「メタル生徒会長」の単行本化プロジェクト!







Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play