「怖い絵展」&「アンデス展」へ行ってきた!

[カテゴリ:未分類・Artist: もりきスタッフ:もりき(ライター)]



iTunes Music Store
見たらわかる、安いやつやん!!!!


もりきDEATH!!!!


さて、前回のスタッフブログでも予告致しましたが、11月4日にLOUD PARK17に参戦したメタル仲間と共に、上野の森美術館にて開催(期間は2017年12月17日まで)されている「怖い絵展」&国立科学博物館にて開催(期間は2018年2月18日まで)されている「アンデス展」に行ってきましたのでこちらのレポートをお届けしましょう!


さっそくお馴染みの選別をここ上野でも!毎度すみません!(笑)



リア充、観光客、ファミリー→上野動物園

タイトル




インテリ、勉強熱心な人→国立科学博物館

タイトル




メタラー、カス、ゴミ→怖い絵展

タイトル



またしても選別食らいましたwwwwww

上野駅に朝8時に集合!上野の森美術館に向かって驚いたことはすでに行列ができていたことでした!


タイトル


見ろ!人がゴミの様だwwwwww


オープンの朝9時まで一緒に待っていた別グループのお客さんとお話をしていると行列が進み、いざ「怖い絵展」へ!

話題となっていたオプションの吉田羊さんによる有料の音声解説のヘッドフォンを着けながらの美術鑑賞!これがものすごく面白かったです。しかしながら、言うまでもなく美術館の中も凄く混んでおりました。まるで、冷戦ならぬ冷モッシュ。(笑)皆さんが音声解説のある絵の前で立ち止まるのでそこが最も混雑していました。もちろん美術館内は撮影禁止ですので、作品の様子を伝える事は文字と画像のみになりますが、怖い絵の解説や見方はとても為になる事ばかり!メタルのジャケットにできそうな絵画も多くありました!



( ゜∀゜)o彡゜おっぱい!おっぱい!

タイトル




あれ!?ベ○キーさん!?(笑)

タイトル




アヘ顔ワロタ

タイトル




AMON AMARTHかな?(すっとぼけ)

タイトル




タイトル



堀北真希さんが舞台を演じた事もある、一番の目玉のジェーン・グレイの絵ですが、縦は2・5メートル、横約3メートルもある半端なく巨大な作品!まるでメタルのライブのバックドロップに見えました!(笑)




ジェーンの絵以外にも興味深い作品があったのですが、友人と笑ったのがガチムチマッチョの人が反乱を起こしている絵です。みんなで「モッシュの様子だ!俺たちの先祖じゃん!」ってな感じで爆笑してましたw

とにかく、何がなんでも皆様に実際に「怖い絵展」に訪れて頂くのが一番!と言いたい所ですか、土日はかなり混雑します。



タイトル



私たちが美術館を出た後は更に長い行列が続いていました。なんと160分待ち!あらためて朝早くに行ってきて正解だと思いました。もしも皆さんが「怖い絵展」に是非行ってみたい!と思うならば絶対に開場一時間前に行くべきですね!


監修者の中野京子さんのご挨拶の引用で、「私たちは生まれた時からテレビや映画など、動画を見慣れています。でも動画のない時代の人々は、一枚の絵が動いて見えていたでしょう。瞬間がフリーズしているのではなく、その前があり、その後がある。そこまでを一枚の絵で味わっていました。そして名画は、いえ、たとえ美術的には名画と言えずとも自分が気に入った絵は、きっと動いて見えてくるはずです。動き、語り掛け、心に何かを残してくれるのです。」という言葉がとても共感できました。メタルでも気に入ったバンドや曲は、心にたくさんの感情を残してくれます。怖い絵展に訪れたことで、昔の人々の芸術の理念や真髄を学ぶことが出来たと思いました。


タイトル



とにかく、メタラーにぴったりな展覧会でございます!

「怖い絵展」を後にした私達が次に向かったのは国立科学博物館の「アンデス展」!まずは博物館のレストランでランチを頂きました。レストランのごはんはリーズナブルながらもとても美味しかったです!私が食べたのはチキンと魚がメインのセット。


タイトル




また友人はパンダのパフェを注文!(笑)


タイトル




ランチでも相変わらずメタルの会話&野郎どものスケベな会話!(笑)博物館に来たこども達はこんな大人にならないでねw

さて、アンデス展はインカやナスカといった文明が起こった南アメリカ大陸で発見された数多くの出土品が展示されていました。博物館では写真撮影がOKでしたので、展示品の一部をご覧ください!


タイトル



タイトル



タイトル




残念ながらお目当てのミイラは撮影禁止でした。しかしながら、遥か昔にミイラを保存する技術やナイフで頭骨に孔を開ける外科手術といった医療が発達していたことにびっくり!古代アンデス文明には、旧大陸には見られないミイラの文化が育っており、インカの王は死後ミイラとなり、家臣に崇拝され生活していました。そう、人々は死後ミイラとなりコミュニティの一員として受け入れられていたのです!

これはおもしろい!インカ帝国について更に勉強してみたいと思いました。展示を見た後はVRでウユニ湖のヴァーチャル体験!VRは初めてでしたが映像がリアルで面白かったですね!常設の展示では化石や剥製など、男子の好奇心を刺激するものがたくさんありました。



T-REX!

タイトル




撃墜王の孤独

タイトル




どうも、ペンギンさん・・・。

タイトル




恐竜を見ると私、小学生の頃に好きだったゾイドやジュラシックパークを思い出すのですよ。たまには博物館へ行って童心に帰るのも楽しいなと思いました!あと、ガチムチの原始人の人形が飾られていたところで、「こんな人絶対モッシュピットにいるよね!」といった風にまたみんなで爆笑してましたw


最後に現代人として展示!(笑)

タイトル




夜は伊豆ダイビングで仲良くなった人たちと新宿にて飲み会!ダイビングへ行った時のスタッフブログはこちら!でっかいフライドチキンが旨かったDEATH!


タイトル



タイトル



タイトル




飲み会では怖い絵展のお土産のお菓子を皆さんに配りました!一次会から二次会に突入し、アゲアゲのテンション!(笑)この日は朝から晩まで私もりきはどったんばったん大騒ぎしましたとさ・・・。



~次回はスペシャルコラムにてX JAPAN再結成10周年記念記事「~創造の夜を振り返る~」&FLESHGOD APOCALYPSE東京公演のライブレポートをお届けいたしますので、お楽しみに!~




[Author : もりき / Pubrish Date : 2017/11/11 00:30]

ハードロック/ヘヴィメタル系の音楽の情報サイト「METAL JAPAN」にて連載しているWEB漫画「メタル生徒会長」の単行本化プロジェクト!







Copyrlght (c) 2014 METAL JAPAN All rights reserved. Produced by ZETA-FACTORY .
Play