無色透明なのに激情型シンガー?!。君は、何色に染まる??。櫻井里花、12月5日に1stアルバム『ありがとうじゃ足りないよ』を発売!!

[カテゴリ:気になるプレスリリース・Artist: アイドル&SSW全般スタッフ:Vues(プレスリリース)]

槐奏-Enjikana- - 勿忘草/霞ノ空
METAL JAPAN 価格 : ¥540 (税込)



 

 何故、その歌い手に惹かれるのか…。それは、「何色にも染まっていないから?」「何色にも染まらない強烈な個性を放っているから?」「何か化けそうな成長の芽を感じるから?」。どの解釈も正解だ。では、櫻井里花は…。先に上げたどの言葉にも当てはまれば、そうじゃないのかも知れない。「じゃあ、一体何??」。

「櫻井里花は今、必死に自分になろう」としている。その姿に強く惹かれた。


画像

昨年までは地元の群馬県内で路上ライブを行うことが主な活動だった。彼女の運命のルーレットを大きくまわしたのは、現在のプロデューサーである近藤薫(元スィートショップ) との出会い。今年1月末より二人三脚で活動を始め、7月30日に1stシングル『短篇小説/ルーレットを回して』を発売し、デビュー。自身の誕生日である11月16日に四谷天窓で行ったワンマン公演をソールドアウトさせるまでの支持を集めている。
その勢いを示すように、12月5日(水)には早くも1stアルバム『ありがとうじゃ足りないよ』を発売する。そこには、輝きをまぶしたポップナンバーから、胸にジンッと染み入るバラードソング、激情した感情をぶつけた歌など、シンガー櫻井里花としての多様な可能性を引き出した歌が詰め込まれている。でも、ポイントはそこではない。

アルバム『ありがとうじゃ足りないよ』から見えてくるのは、「その歌があるべき姿を描こうと自分の気持ちを寄せては、何時しか櫻井里花の色に曲を染め上げている」ところ。近藤薫が提供した曲たちに本気で惚れ込んでいるからこそ、それぞれの世界観へ全力で飛び込むことで、しっかり物語の主人公の感情と同化。でも、純朴で真っ直ぐな歌声は、どんな曲調だろうと染まりきることはない。むしろ、何も知らない純粋な女の子が、様々なスタイルの洋服(楽曲)を着替えては、いろんな自分の姿を無邪気に楽しんでいるようにも見える。素材が強い色を発しているからこそ、どんな洋服を着ても櫻井里花という存在へ先に惹きつけられる。短期間でファンを増やしてきたのも、そこへ大勢の人たちが惹きつけられたからだ。

画像

櫻井里花は、アルバム『ありがとうじゃ足りないよ』について、こんな想いを語ってくれた。少し長めのコメントだが、ぜひ記したい。
「わたしは、本当にまわりの人たちに「ありがとう」といくら言っても足りないくらい良くしてもらっています。まさにアルバム『ありがとうじゃ足りないよ』は、タイトル通り、感謝の言葉が尽きない、すごく重みのある1枚だと思います。中には、『短篇小説』や『グレーのスーツのおじさん』のような今のわたしには背伸びした歌が多いけど、『Baby blue~くっついていたいよ~』や『WALK』のように、等身大のわたしを投影した歌も入っています。でも、今は背伸びをした歌だとしても、何年後かには背伸びをした歌が等身大となり、『Baby blue~くっついていたいよ~』や『WALK』を「若いなぁ」と言っている可能性だってあるかも知れません。それくらいどの歌も、ずっと長く歌い続けていきたいです。
わたし、夜中になるほど気持ちがネガティブになり、自分に自信を持てなくなることがあります。だけど「そんなことを言ってられない」「悩んでいる時間は無駄」「もっと多くの人たちにこの想いを伝えなきゃ」と、気持ちを前向きにしてゆくアルバムにもなりました。曲を作ってくれる人がいて、楽器を演奏してくれる人がいて、編曲してくれる人がいて、やっとわたしが歌って作品になる。それを聞いてくれる人がいるからライブも出来て、次の作品へ繋げていける。誰か一人でも欠けたら、今の状況はあり得ないこと。だからこそ、ずっと感謝の気持ちを忘れずに歌っていきたいなと思います。
わたしはこれからも「ありがとうじゃ足りないよ」という気持ちを持ちながらライブ活動を続けますし、この作品をいろんな人たちに届けることが、今の櫻井里花を応援してくれるみなさんへの恩返しになると思っています。何よりこれから先、何か迷うことがあっても、このアルバムへ触れることで今の気持ちにわたしは戻れます。だからかな、このタイトルを見るだけで泣けてくるのは」

収録した楽曲の魅力については、本人が特設サイト(https://sakurairika.jp/1st-album-tokusetsu)で語っているので、ぜひ目を通していただきたい。そして、ぜひ彼女のライブへ足を運んで欲しい。音源には詰め込むことのできない、"強烈な熱"を持った歌声に嬉しい驚きを覚えるはずだ。音源とライブのギャップを知るほどに、櫻井里花に惹かれてゆく。ちなみにMCは、話の行方が見えないくらいに長い(笑)。そのおしゃべりな性格が、じつは本当の素顔なのかも知れない。
まずは、一度櫻井里花の歌に触れて欲しい。そのうえで、心動く何を感じたら、まずは彼女の歌声と手を繋いでいただきたい。そして未来へ向かって一緒にWALKしようじゃないか。

TEXT:長澤智典


★映像★

◎『短篇小説』
https://youtu.be/NcCf-eKLP6U


◎『グレーのスーツのおじさん』
https://youtu.be/EIyTJpVMFSY


◎アルバム『ありがとうじゃ足りないよ』ティザー

◎アルバム『ありがとうじゃ足りないよ』試聴音源
https://www.youtube.com/watch?v=2MjMYUd9voA&feature=youtu.be


★音源情報★

画像

『ありがとうじゃ足りないよ』
2018年12月5日発売
品番:MIUZ-0095
発売日:2018.12.05
Label:miuzic Entertainment
定価:2,000円(税別)
Produced by 近藤薫
【収録内容】
1.タイムリミット
2.短篇小説
3.Baby blue~くっついていたいよ~
4.ありがとうじゃ足りないよ
5.グレーのスーツのおじさん
6.ルーレットを回して
7.WALK
8.おつかれさん、また明日。

櫻井里花 Web
https://sakurairika.jp/
櫻井里花 twitter
https://twitter.com/chinrika_1116
櫻井里花 Blog
https://sakurairika.hateblo.jp/
櫻井里花 Instagram
https://www.instagram.com/sakurai_rika/
櫻井里花 facebook
https://www.facebook.com/sakurairika.jp                
アルバム『ありがとうじゃ足りないよ』特設サイト
https://sakurairika.jp/1st-album-tokusetsu

画像

出典:Vues




   


 



 
 

Staff Information

Vues

音楽情報発信サイト

 
 
 
 
 








M.J. ROCK JAM 出演者募集中!

「メタル生徒会長」単行本 第1巻 好評発売中!

DENMETA